中学受験で成績アップするために勉強の優先順位が大事

中学受験で学力をアップするためにはどのような勉強をするべきでしょうか。
やはり重要なのは家庭学習です。
家庭学習の時間を充実させることによって学力がアップします。
とはいえ、ただ単に勉強時間を増やせば良いというわけではありません。
大切なのは勉強する科目の優先順位を決めることです。

実際に勉強できる時間というのは限られていますので、どこに力を入れるかを決めることによって、より充実した家庭学習を行うことができます。
では、まず優先するべき科目とは何でしょうか。

その科目とは苦手な科目です。なぜ苦手な科目を優先して行うべきなのでしょうか。
それは、すでに得意な科目はテストでの点数の伸びしろが期待できないからです。
例えば、すでに90点を毎回とっている科目があるとします。仮にいくらがんばっても10点しか伸びしろはありません。
一方で今60点の科目の場合には40点もの伸びしろがあります。つまり、大きく成績をアップさせるためには苦手科目を優先して勉強をするのが効率的です。

とはいえ、覚えておきたいのは苦手科目の多くは勉強してすぐに点数が上がるなど、目立つような結果が出るわけではないということです。
ある程度の時間がかかります。
ですから、できるだけ早めに取り掛かることで中学受験に間に合うようになります。愛媛県行ってみない?

インフォメーション

2017年01月19日

ホームページを更新しました

line